立川志ら玉の現場主義日記

-志ら玉ブログ- 落語家・立川志ら玉の何も事件が起こらない日々

1月7日(火)の志ら玉

曇。

11時起床。

鼻水鼻づまり、体調芳しく無し。

 

角川新書、玉袋筋太郎「粋な男たち」読了。

昭和の芸人には往々にしてあった、そして著者と同じく私もそれに憧れた、「粋」についての一冊。

最終章で、父親の自殺・母親の認知症・姉夫婦との絶交、といった家族に関する「野暮」なカミングアウトが繰り出される。

だが、その「野暮」な現実を背負ってこその、己の「粋」を作り出した、そしてその「粋」を貫いた玉袋さんの思いがよくわかる。

俺も「粋な男」に成りてぇよ。

 

21時、日本映画専門チャンネル降旗康男監督「あ・うん」。

1989、東宝

高倉健富司純子板東英二

富田靖子真木蔵人

師匠志らくは当作真っ向から否定していたが、そのマイナスイメージも強く、それ程迄の駄作とは思わず。

先ず、高倉健が格好いい。

 

3時就寝。

1月6日(月)の志ら玉


晴。

10時半起床。

 

三ノ輪。

かっぽれお稽古始め。

舞台に正月飾り。

f:id:t_shiratama:20200125162414j:plain

軽くお浚いして後、皆で舟和のあんみつをご馳走になりお稽古終了。

 

東中野

20時、ポレポレ東中野、圡方宏史監督「さよならテレビ」。

f:id:t_shiratama:20200125162410j:plain

2020、東海テレビ

ドキュメンタリー話題作。

劇場通路に座布団敷く程の大入。

森達也「FAKE」を見ていたお陰で、あのラストに戸惑わずに済む。

メディア論のみならず、社会構造の歪みや矛盾をテレビニュース制作現場を通じて示唆、描写。

傑作ドキュメンタリーの一本。

 

腰に違和感あったので、銭湯に寄る。

「健康浴泉」に入って、帰宅。

 

まだ咳が出る。

薬飲んで、3時就寝。

1月5日(日)の志ら玉

晴。

正午起床。


18時、文化放送、「乃木坂46の『の』」。

MC柴田・与田・吉田。

新鮮何だか、冒険何だか、未知な組合せ。

結句30分聞いても何だかよくわからず。

本来突っ込まれポジションの与田・吉田という同期の二人が、揃って四期MCのフォローに回ろうとしているという状況故か。


19時、AXNミステリー、「田舎刑事」。

1977年、テレビ朝日二時間ドラマ。

渥美清主演。

こんな作品知らなかった。


パソコンでブログ作業。

スケジュール更新。


1:15、ザ・シネマ、レニー・ハーリン監督「ザ・クリーナー 消された殺人」。

2007、米。

サミュエル・L・ジャクソン

事件現場清掃業の男の身に起きるサスペンス。


咳が出る。

薬飲んで、3時就寝。

1月4日(土)の志ら玉


曇。

11時起床。

 

夕方、初詣に出掛ける。

近所の新井薬師

空いているが、まだ参拝客は絶えない感じ。 

f:id:t_shiratama:20200121202517j:plain

ドラッグストアで買い物して帰宅。

 

19時、TBSチャンネル2、「乃木坂46楽屋トーク ~演じるということ2~」。

MC秋元・鈴木・佐々木・理々杏。

琴子さんの芝居絡みのトーク、新鮮也。

 

夕飯、すき焼き。

ご馳走。

 

雨が降り出す。

一瞬雪に変わる。

東京初雪観測日となる。

 

ブログ更新最中強烈な睡魔に襲われ、2:45寝る。

1月3日(金)の志ら玉

晴。

7時起床。

 

行田。

獅子舞仕事。

元日同様、後見は志ら松さんにお願いす。

本日も午前、昼、午後の三回回し。

合間に、居眠りしたり、年賀状の御返事書いたり。

 

終わって、近くのロードサイドにある回転寿司で一献。

昨年も二人でここで飲んだ。

 

19時半帰宅。

慌ただしい三が日が済んで、やっと正月が来たよう。

これでしばらくのんびり出来る。

2時半就寝。

1月2日(木)の志ら玉


曇。

10時起床。

心配だったインフルエンザも、熱下がりホッとする。

 

昼過ぎ、黒紋付袴の正装で一門集まり、談志家元墓参。

 

バス移動で、池之端東天紅」にて立川流新年会。

同別室にて、二次会。

f:id:t_shiratama:20200121201615j:plain

 

終わって、志奄兄・小談志兄・左平次兄と御徒町居酒屋。

同年代のトークで盛り上がる。

お店閉店時間で、帰宅。

 

着物脱いで、すぐ寝る。

1月1日(水・祝)の志ら玉


晴。

5時半に目が覚める。

予定より早めの6:15に家を出る。


伊勢崎。

ショッピングモールにて獅子舞。

後見に弟弟子の志ら松。

館内の練り歩き中心に午前、昼、午後と三回回し。

巨大施設だけあり、かなりの人手。

元日ながら、群馬在住の大学ゼミ仲間O君が見に来てくれる。

有り難し。


終わって、O君とファミレスで数刻歓談。

話が弾む。


新伊勢崎駅まで車で送ってくれ、そこから帰宅。

22時過ぎ着。


体の疲れを癒そうと熱い湯に入るも、寒気がする。

微熱あり風邪の気配で、薬飲む。

若干インフルエンザを心配しながら、早寝。


f:id:t_shiratama:20200121010306j:plain

あけましておめでとうございます