立川志ら玉の現場主義日記

-志ら玉ブログ- 落語家・立川志ら玉の何も事件が起こらない日々

2023年2月の出演情報

2月15日(水)「立川流夜席」

出演:立川志獅丸 立川志ら玉 立川談之助 立川らく人 立川談洲

お江戸上野広小路亭  開場18:15 開演18:35

当日¥2000 前売¥1500

御予約・御問合せ tel.03-3833-1789(お江戸上野広小路亭

rakugotatekawaryu@gmail.com (落語立川流一門会)

 

 

2月17日(金)「立川流広小路寄席」

出演:立川ぜん馬 ねづっち 立川談四楼 立川談之助 立川吉笑 立川左平次 冷蔵庫マン 立川志ら玉 立川志の麿 立川かしめ 

お江戸上野広小路亭  開場11:30 開演12:00 

当日¥2000 前売¥1500 

御予約・御問合せ tel.03-3833-1789(お江戸上野広小路亭

rakugotatekawaryu@gmail.com (落語立川流一門会)

 

 

2月24日(金)「蒲田楽落亭『立川志ら玉・志の太郎二人会』」

出演:立川志ら玉 立川志の太郎(各二席)

蒲田楽落亭(大田区西蒲田7-5-13森ビル地下1階)※一階は「そば満月」

開場17:30 開演18:00

¥1000(当日のみ)

御問合せ tel.03-3735-8686(モリコーポレーション)

ホームページ https://rakuraku.moricorpo.jp/

 

 

※都合により出演者が変更になる場合がございます。御了承下さい。

1月22日(日)の志ら玉

曇。
10時起床。
 
昼、浅草。
東洋館、ボーイズバラエティー協会下席出演。
「厄払い」。昨日考えた新しいサゲを試してみる。
 
北千住の家電量販店でコピー用紙購入。
紙の値上がりを実感。
 
図書館。
返却、貸出。
 
ケイブンシャ文庫、団鬼六「鬼六あぶらんだむ」読了。
こちらも書庫にあったものの再読。
「異常性癖」に関するエッセイ。そのモデルとなった人物達、エピソードの虚実皮膜の面白さ。
改めて団鬼六先生の著作を読み返したり、多数の未読小説に興味覚える。
 
テレビ東京、坂道三番組オンタイム視聴。
 
5時就寝。

1月21日(土)の志ら玉

晴。
10時半起床。
 
昼過ぎ、浅草。
東洋館、ボーイズバラエティー協会下席出演。
「厄払い」。十五分に縮めたバージョンで。
終わって、楽屋で寒空はだか先生とお話していて、元のサゲ変えることを思い立つ。
ペーソスさんの舞台を見て後、楽屋を出る。
 
北千住駅下車。
ドン・キホーテ」を素見して後、前回入った中華屋へ。
レモンサワー。チーズ餃子、中華風冷奴、油淋鶏定食。
 
18時帰宅。
 
DVDで、「松竹新喜劇藤山寛美十八番箱」より「阿呆の歌声」。
昭和五十六年三月御園座
 
3時就寝。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

松竹新喜劇 藤山寛美 十八番箱 阿呆の歌声 【DVD】
価格:3496円(税込、送料別) (2023/2/3時点)


 

1月20日(金)の志ら玉

晴。
11時起床。
 
講談社文庫、足立倫行「アダルトな人びと」読了。
書庫奥に眠っていた文庫、恐らく十数年振りの再読。
九十年代前半のAV業界ノンフィクション。意外に古く感じなかったのは大きな収穫。
未だに私自身が村西とおる代々木忠周辺の話をしているから、と「性」という本質を両氏が描いていたからだろう。
寧ろこのタイミングでまた読めて良かった。
 
自転車で、初富、きらりホール。
14時、阪本順治監督「一度も撃ってません」。
2020。
市主催のホールでのワンコイン映画鑑賞会。ほぼ高齢者の年代層。
石橋蓮司主演。
エンドロールで新崎人生に気付く。あんないい体してたか。
嘗ての阪本作品出演の超豪華役者陣も。はっきり言って面白くなし。
 
帰途、「ワークマンプラス」。
アウターとズボン購入。
いい買い物となる。
 
4時就寝。

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一度も撃ってません【Blu-ray】 [ 石橋蓮司 ]
価格:4136円(税込、送料無料) (2023/2/3時点)


 

1月19日(木)の志ら玉

曇時々晴。
10時起床。
 
踊りお稽古。
怪我の為お休みしていた生徒さんが久々に復帰。
活気が出る。
 
歩いて、神田。
「神田セントラルホテル」。
入店時に三月末の閉店を告げられる。
青天の霹靂。
利用客の間にも衝撃と悲しみが見えた。
サウナ四セット。
 
末広町、「一会」再訪。
新井ひとみさんコラボセットから始まり、芋焼酎ロック、おでん等。
 
21時前帰宅。
サウナ効果でコタツうたた寝
0時半就寝。

1月18日(水)の志ら玉

晴。
8時半起床。
 
浅草。
11時、浅草公会堂、「新春浅草歌舞伎」第一部。
三年振り開催の浅草歌舞伎。
一時の空席多いイメージから比べるとまぁまぁの入り。
 
「引窓」。
南与兵衛・南方十次兵衛、隼人。貫禄ある立役が勤めること多い芝居なので、役の実年齢に近い若い役者で見るのは新鮮。これが若者故の苦悩が感じられ思いの外良かった。隼人自身随分上手くなったのでは。
濡髪長五郎、橋之助
お早、新悟。最近新悟がぐんぐん伸びている。
お幸、吉弥。ベテラン女形の味と技芸で若手を引き立てる。流石。
 
「男女道成寺」。
巳之助。女形から立役への変化。この人の女形、初めて見た。
新悟。踊りで出ることほとんど無いので興味深く見るが、正統な女形の舞踊。背の低い巳之助に合わせてかなり姿勢低くしていたのが印象的。
 
13時45分終演。
 
北千住。
駅前餃子屋で、軽飲みしつつ昼飯。
 
1999。
キューバのベテランミュージシャン達のドキュメンタリー。
嘗てビデオで見て以来。すっかり忘れていた
ミュージシャンの老いての魅力に噺家を重ねて見る。
 
2時半就寝。

1月17日(火)の志ら玉

曇一時雨。
13時起床。
大変良く寝た。
 
夕方、寒さで風邪引きそうな予感。
葛根湯を飲む。
 
パソコンで、三月勉強会チラシ作成。
深夜、印刷入稿済ます。
 
新潮新書、古谷経衡「日本を蝕む『極論』の正体」読了。
日本会議」についての章、著者実体験から興味深く読む。
 
2時半就寝。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】日本を蝕む「極論」の正体 (新潮新書)
価格:350円(税込、送料無料) (2023/1/30時点)