立川志ら玉の現場主義日記

-志ら玉ブログ- 落語家・立川志ら玉の何も事件が起こらない日々

8月11日(日・祝)の志ら玉

山の日。

晴。

正午起床。

 

19時、時代劇専門チャンネル山本薩夫監督「忍びの者」。

1962、大映

市川雷蔵主演。

好きな作品。久々見返す。

藤村志保・城健三朗。

伊藤雄之助西村晃が最高に怪しくいい味。

 

0時、同、稲垣浩監督「柳生武芸帳」。

1957、東宝

三船敏郎主演。

鶴田浩二久我美子

武芸帳の巻物をめぐる三派、四派の争いが絡み合い、ストーリーがよくわからず。

扇雀時代の藤十郎女形に化けて踊るシーン有。

 

2:15、日本映画専門チャンネル須川栄三監督「君も出世ができる」。

1964、東宝

フランキー堺主演。

雪村いづみ高島忠夫中尾ミエ

ハリウッドミュージカル作品のセンスを下敷きにした東宝ミュージカル映画の最高峰。

四人のジャンプでストップするラストカットが最高の幕切れ。

植木等がゲスト出演。

 

5時就寝。